TOEIC OLは人生イージーモード

コスパ最強の英語学習法 と ミニマリズム で人生がラクになりました

自信のない就活生にオススメしたい自己分析の思考法【特に食品業界志望の方必見】

就活生の皆さんはライバルと同じ情報を仕入れて、同じ様に自己分析してませんか?

そうなると後は「学歴・資格・強み」で勝負するしかないですよね。

「学歴・資格・強み」が優れている人は、思考力も優れていることが多いので、自己分析で負けてしまうかもしれません。

f:id:englishmap:20200508003639j:plain

今回紹介する自己分析方法は、よくある自己分析とはレベルが違います。

なぜなら、食品系で人気No.1の㈱味○素で生まれ、今でも使われている方法だからです。

世界的な企業が自社の商品を分析する時に使う方法なので、精度と品質が違います。

仕事でお付き合いがあるのですが、㈱味○素の社員さんはこのメソッドで社内教育を受けているので、皆さん本当に優秀です。

ということは、特に㈱味○素にウケが良いってことですよね。

すべての就活生にオススメしたい自己分析の思考法

f:id:englishmap:20200508000659j:plain

その思考法とは 「BMR (Basic Marketing Relations) 」というものです。

簡単にいうと「顧客」と「製品」にわけて分析しましょうってことです。

 

就活の場面に当てはめると

・顧客 = 志望先

・製品 = あなた

です。

 

なぜ顧客(志望先)が製品(あなた)を買うか説明できますか?

 

場合によっては、顧客(志望先)のニーズに製品(あなた)がかけ離れ過ぎて説明できないこともあります。

しかし、多くの場合は顧客(志望先)とニーズに製品(あなた)を結ぶことができます。

その考え方がこのBMRです。

 

詳しくは書籍で確認して頂きたいのですが、要望があれば別記事で解説したいと思います。

あと、この本は発行数が少ないので早いもの勝ちです。

 

書籍の紹介

 

あわせて読みたい