TOEIC OLは人生イージーモード

コスパ最強の英語学習法 と ミニマリズム で人生がラクになりました

【英会話】DMM英会話 ボキャビルもできる?

 

オンライン英会話で迷われているなら、とりあえず初めてみることをオススメします。

大手なら入会金もかからず、無料体験もできますし、休会・脱会も無料でできます。

今回はわたしが実際に利用したDMM英会話を紹介します。

 

f:id:englishmap:20200511003303j:plain

英会話サービスの比較

まず、教室に出向く方法とオンラインと大きく分けて2つありますが、移動時間がかからない事と時間の融通が利きやすいという点で最初からオンライン英会話に決めました。

 

オンライン英会話の運営会社は何社もあり、選ぶのが面倒だったので、わたしは最大手のDMM英会話にしました。

 

安いプランだと、実質フィリピンかセルビアの先生しか選択肢がないですが、発音が悪くて聞き取れない等の問題は全くありませんでした。

 

以前はスカイプ経由でしたが、現在はブラウザ上で動くシステムとなっており、始めるハードルがさがりました

 

定額でレッスン受け放題のネイティブキャンプもいいと思います。

 

他のオンライン英会話サービスとの詳細比較は他サイトに任せます。 

DMM英会話の特徴

・月額料金:6480円(1日1回25分プラン)*2020年1月現在 

・対象レベル:アルファベットからビジネスレベルまで

・受講時間:24時間 *15分前まで予約可

・講師の動画:あり

・無料体験レッスン:2回

・テキスト:無料

・キャンセル:無料 *30分前まで可

 

レッスン教材

計27コースあります。

全部は紹介できないので特徴的なコースを抜粋します。

旅行と文化、ビジネス、会話

海外旅行、ビジネス、日常会話で使えるフレーズを講師とロールプレイングで学べます。

デイリーニュース

最近のニュースが200~300単語で書かれています。

この記事についての質問やディスカッションに答えます。

瞬間英作文

「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」を一緒にできます。

その他

英検、TOEFL、IELTS、Grammar in use 等

 

コースに入っていませんが、フリートーク(雑談)も選べます。

 

実際の進行の様子

予約の前に

最初に講師の選定を行います。

 

各講師の紹介動画がありますので、それを見て発音がきれいかチェックします。

 

あとは雰囲気が自分に合っているかを確認します。

 

この時に5人~10人ぐらいお気に入り講師として登録しておきます。

 

レッスンを受けてみて合わないと感じたらお気に入りリストから外します

予約

24時間いつでも予約できるので、自分のスケジュールに合わせて予約を入れます。

パソコンでもスマホでも予約は可能です。

 

 

わたしは出勤前に受講していました。

 

【出勤前に受講する理由】

①夜は受講者数が多く、人気講師の予約が取りにくい

②夜は仕事が長引いたり急な予定変更でレッスンを受けれないことがある

③早起きの習慣をつけたかった

テキストの選択

予約場面でコースとを選択します。

 

備考欄に事前に伝えておきたいことを記入することもできます。

レッスン開始~終了

いよいよレッスン開始です。

 

テキストを使う場合は画面の大きいパソコンかタブレットをオススメします。

 

フリートークの場合はスマホだけでも問題ありません。

 

初めての講師とは自己紹介をします。

 

自信がない人は自己紹介文を用意しておくといいでしょう。

 

その後はテキストに沿って講師が導いてくれますので、テキストに集中できます。

 

ほとんどの場合、テキストが終わる前に終了時間となります。 

 

時間が来たらテキストの途中でも講師がレッスンを終わらせます

 

わたしのテキストの進め方

開始~1か月目

最初は初めての英会話ということで、レッスン前の緊張は1か月間ぐらい続きました。

 

講師と話すことで精いっぱいだったので、正直テキストどころではなかったです。

 

なので比較的簡単で旅行で使える表現を学べる「旅行と文化」コースを選んでいました。

 

一応レッスン前にテキストの予習はしていました。

 

1か月目は「英会話への慣れ」と「自分に合う講師の選定」がメインでした。

 

2か月目~3か月目

1か月目が終わりペースがつかめてきたので、「デイリーニュース」に切り替えました。

 

毎日更新される200~300語程度の記事が音読でき、発音がおかしいと講師に指摘してもらえるので、「音読パッケージ」 次のステップとして利用しました。

 

レッスン前に予習として読解と音読を行いました。

 

テキスト後半に自分の考えを表現する設問があるので、こちらも予習で準備していました。 

4か月目~8か月目

この期間も「デイリーニュース」でレッスンを受講しました。

 

ハードルを上げるために、記事の日本語訳を表示せずに読解を行いました。

 

フリートーク」にもチャレンジしましたが、こちらが明確に話したい内容がないと間が持ちませんでした。

 

日本語でもよく知らない人と漠然と25分間話すのはキツイはずです。

 

会話力を伸ばすには「フリートーク」が一番良いと思いますが、話題の準備がわたしには難しく、モチベーションも下がっていた時期でしたので、惰性で「デイリーニュース」を続けました。

現在休会中

2019年9月から休会しています。

【休会した理由】

①時間の確保が難しくなった

②モチベーションが下がった

③続ける理由が分からなくなった

 

今(2020年1月)は英検1級という次の目標がありますので、再入会を検討中です。

やってみた感想 

最初は「慣れないことへの緊張」や「間違ったらどうしようという不安」が大きく、レッスン前は憂鬱でした。

 

そのうち緊張と不安にも慣れていきますので大丈夫です

 

フィリピン講師がメインでしたが、わたしが経験した中ではおじさん以外は基本的にフレンドリーな雰囲気でした。 

やってみた効果

計3150分(126回)受講しました。

 

一番の効果は、現実世界での英会話への抵抗が少なくなったことです。

 

いままでは、電話すれば数分で解決するような案件を、海外の顧客にメール越しに数日かけて解決していました。

 

いまでは英会話への抵抗がなくなったので、すぐに電話して案件を解決するようになりました。

 

他には海外での展示会でも来場者に積極的に話しかけるレベルまで成長しました。

 

TOEIC(L&R)だけにフォーカスすると別に英会話はやらなくてもいいと思います。

 

その時間で多読やボキャビルをしたほうがスコアには直結しやすいと思います。

始めるタイミング

「Nice to meet to you」「What is your name?」などの簡単なレベルの教材からありますので、どの英語力段階でも問題は無いと思います。

 

ただし、そういう教材に25分も費やしていたら効率が悪いので、わたしは瞬間英作文の第2ステージと音読パッケージを1冊終えたぐらいで始めました。

 

公式サイトはこちらから

 

あると便利なもの

 スマホ、タブレット、PC内臓のスピーカーとマイクでもできないことはないですが、お互い聞こえにくくていいことがないので、下記のようなヘッドセットの使用をオススメします。

 

一部のPCでは、iPhoneについているようなイヤホンマイクセットでも使えるので、ご自身の環境を一度ご確認ください。

 

意外な副産物

DMM英会話に入会すると、ボキャビルアプリ(ソフト)の「iKnow!」が無料でつかえます。

 

「iKnow!」単体では1,510円/月かかるので、お得感があります。

 

この時は、ボキャビルは真剣にやっていませんでしたので、無料だということでなんとなく使っていました。

 

合計62時間学習し、1434単語マスターしたことになっています。

 

詳細はこちらで紹介しています↓