TOEIC OLは人生イージーモード

コスパ最強の英語学習法 と ミニマリズム で人生がラクになりました

TOEIC795を取る前と後のわたし 社内評価UP

「TOEIC955点、すごいですね!」とよくコメントを頂きますが、
わたしは留学経験の無い平均的な純日本人です。
TOEICの点数が上がったのは、
 ・「英語上達完全マップ」との相性が良かった
・英語学習は続けた分だけ、その「努力」が結果となって返ってくる
 この2つの事象が重なったからです。
 

努力

この「努力」というものが厄介で、適切なタイミング」で「適切な勉強方法を行わないと結果として返ってきません。
 
例えばダンベル5kgしか上げられない人が、闇雲に50kgダンベルに挑戦してもいつまでたっても上げられるはずがありません。
 
これは「努力」ではなく、「時間のムダです。 
 
この場合は
・5kgのダンベルを上げれるレベルで
・6kgのダンベルでトレーニングして
次のステップに進む必要があります。
 
 
上の例の言葉を当てはめると
「適切なタイミング」= 5kgのダンベルを上げれるレベル
「適切な勉強方法」 = 6kgのダンベル

になります。

 
独学されている方の中には、この適切なタイミング」と「適切な勉強方法の見極めで悩まれている方もいると思います。
 
結果がでない方は、やりかたを見直すタイミングかもしれません。
 

わたしは中の下

今回は、すこし恥ずかしいですが、わたしがどれほど平均的(もしくはそれ以下?)だったかを紹介します。
 

TOEIC795取得前のわたし

・夏休みの宿題は8月31日にやるような計画性のないタイプ
・学校の成績は真ん中あたり
・大学2年でうけたTOEICは300点位
・注意欠陥気味なので、提出物は間に合った方が少ない
・というより、今でも提出物は言われてから取り掛かることが多い
・英語への漠然とした憧れはあったが、具体的な取り組みはしていなかった
・英語アレルギーあり(英語のサイトは詐欺サイトと思うレベル)
・TOEICテスト(2018年9月)は20問ぐらい残した
 
いわゆる、平均的なスペックでどちらかというとぐーたらな性格です。
 

f:id:englishmap:20191211004624p:plain

TOEIC795取得後のわたし

・英語力が上がった実感なし
・TOEICの点数で自信がついて、英語学習が楽しくなった
・TOEICテスト(2018年11月)は13問残した
・英語アレルギーがなくなった
・その他の怠惰な性格はそのまま
 

f:id:englishmap:20191211004756p:plain

社内評価アップ

英語力が上がった実感はありませんでしたが、社内の評価は違いました

TOEICスコアが上がったことにより、「英語ができるキャラ」として見られ、海外案件も任されるようになりました。

その後の人事で昇進し、国内外の出張が一気に増えました。

実力が伴わなくても、TOEICスコアだけでここまで評価が変わるとは思いもしませんでした。

英語力の違い

TOEIC615点と795点取得時の英語力の違いは、実感がありませんでした。
 
回答残りが20から13に減ったので「処理速度があがったのかなぁ?」というぐらいでした。
 
TOEIC800点前後といったら、バリバリ英語ができるイメージがありましたが、実際大したことはありません
 
TOEIC795取得時でも、TOEICの長文もまともに読めないし、会話なんてもちろんできませんでした。
 
逆に考えれば、そんな英語力でTOEIC800点前後が取れたので、TOEIC800点はすぐ手の届く範囲にあるということです。
 
決して高い目標ではないので、腐らずに正しい努力」を積み上げてください。
 
結果は必ずついてきます。
 

英語学習が楽しくなる

それまでは、単調な「英語上達完全マップ」が正直な所、苦痛でした。
 
しかし、TOEICの点数が劇的に上がったことで、英語力がついたことを確認することができたので、素直に嬉しかったです。
 
この頃から英語学習が楽しくなりはじめました
 
そして、得点アップをきっかけに、「英語上達完全マップ」信じて英語学習を続けることを決めました。
 
この時に結果が出なかったら、わたしの性格上、英語学習をやめていたと思います。
 
そういう意味でも、学習の初期段階で結果を出すことはモチベ維持・管理上 非常に重要になってきます。
 
なので、「過去記事」で紹介したカリキュラムぐらいは、学習初期に集中してやるべきだと思います。
 
最近はStudyplusのイイねを通して、紹介した教材を使っている学習者を応援するようにしています。
 

勉強方法の変化

上記の通り、単調なトレーニングが退屈になってきたので、当時のわたしは学習方法の変化を求めていました。
 
TOEIC795を取り、自信がついたので「英語上達完全マップ」に沿って多読を始めました。
 
また、「英語上達完全マップ」にアレンジを加えて
 
「音読パッケージ」のエッセンスを「英会話」
「瞬間英作文」のエッセンスを「最重要構文540」と「英会話」
 
にそれぞれ見出し、学習方法に取り入れました
 
まとめるとTOEIC795取得後は
 
・多読
・瞬間英作文
・英会話
 
を実施しました。
 

おわりに

 
今回の記事でTOEIC800点前後が、それほど高い目標ではないことが、おわかりになったと思います。
 
伸び悩んだり、勉強方法がわからない方はわたしが2ヵ月でTOEICスコアを180点上げた手法を騙されたと思ってやってみてください。
 
最後まで読んでいただきありがとうございました。
 
次の記事